2022.07.14更新

     合同・一般労働組合全国協議会

     一般合同労働組合

     東京西部ユニオン   
     

労働相談について 
NHK労働者
関生支援東京の会
   

 職場に闘う労働組合を作ろう! 相談を行っています

 労働相談: 無料・秘密厳守、午後2時から午後8時、
       Eメール相談について: 
 電話 :03-3220-7473 
 FAX:03-5930-6136
 Eメール:seibu-union@mocha.ocn.ne.jp

 東京西部ユニオン事務所
  〒167-0032 杉並区天沼2-3-7さかいビル2-A
  地図はこちら: 

 

    

 一労働組合作りの相談は一般合同労働組合東京西部ユニオンへ

 労働組合・東京西部ユニオン (@seibu_yunion) Twitter

 東京西部ユニオン(@LeL9CEyBfsIUvcM)さん Twitter

 ユニオン医療介護福祉(@seibunion)さん Twitter


 2022年7月7日~ 全国健康保険協会の本部(四谷)他でニュース配布

  7月7日朝、全国健康保険協会の本部(四谷)で、「協会けんぽ埼玉の皆さんへ」NO.13を配布しました。
   下の写真上部にある囲いのボードを掲げて配布しました。

 

  11日(月)夕方は、大宮の埼玉支部の労働者の退勤時に同じく配布し、
  12日(火)朝は、東京中野にある東京支部の労働者に配布しました。

 
 

   協会けんぽ埼玉のみなさんへ NO.13は こちらへ 


 東京西部ユニオンの新しい「労働相談ビラ」できました。

 
  6月24日、高円寺駅前の街頭宣伝

 

 
 


 5・22 集会に向けて、NHK放送センターでビラを配布

  5月18日(火)朝、NHK放送センターの3箇所の入口で、NHK労働者に向けて、「日米会談・クアッド戦争会議粉砕へ NHK労働者も共に闘かおう」と題するビラ(戦争と改憲絶対反対!NHK労働者の会 NO.14)と、「改憲・戦争絶対阻止!大行進」実行委員会のビラとをセットで配布しました。
 

 


  日米会談・クアッド(日米豪印)戦争会議 粉砕!

  5・22 全国集会デモ

   米日による中国侵略戦争、世界戦争とめよう!
   5月22日(日)午後1時~ 芝公園23号地 集会広場

   


2022年4月24日(日)~27日(水)
 -星野文昭・暁子-絵と詩展を開催します。
 (なかのZERO展示ギャラリー)

4月25日(月)には、
 星野文昭さんの獄死を許すな!

 桜井昌司さん(布川事件・元再審請求人)
 土田元哉さん(星野国賠訴訟原告代理人)
  お二人による講演集会が、
 なかのZERO/視聴覚ホールにて行われます。
  午後6時30分会場/午後7時開演

  


 2022年3月5日(土)~7日(月)
   星野文昭絵画展in高井戸 を開催します。(高井戸地域区民センター)

  


   2021年11月24日 協会けんぽの本部(四谷)でニュース配布

   協会けんぽの無期転換拒否の不当労働行為を争ってきた埼玉県労働委員会より、2021年6月30日に命令書が届き、一部不当労働行為が認められたものの、雇止めに対しては不当労働行為とは認定されませんでした。
   そのため、7月12日に中労委に対し再審査請求を行いました。
   ニュースNO.12は、11月24日に四谷の本部へ、26日に東京支部(中野)へ、12月2日に埼玉支部で配布したものです。

 ニュースNO.12はこちら  

     


 日本政策投資銀行へ解雇撤回の宣伝活動

  2021年10月21日(木)、日本政策投資銀行(大手町)にて、
  組合員の解雇撤回を求める街頭宣伝を行った。

 
 


 2021年10月 今年の全国労働者総決起集会は

  

 


  2021年10月8日(金)~10日(日)
   星野文昭絵画展in高井戸 開催しました。(高井戸地域区民センター)

  


 2021年9月5日 いまこそ 改憲・戦争絶対反対!
  菅を倒そう!
   9・5集会&デモへ !!

  主催:改憲・戦争阻止!大行進 東京西部実行委員会

 
  


 2021年7月23日、 五輪開会式粉砕! 菅たおせ! 7.23渋谷デモ !!

  

  

  
 
リズム隊と東京の隊列の先頭部分

 
 


 2021年7月19日朝、「戦争と改憲絶対反対!NHK労働の会」のニュースNO.13を放送センターの西口の2ヶ所で配布しました。
 内容は、「国威発揚のための五輪は中止だ!NHK労働者、共に闘おう!」 

  


 2021年7月20日、都立病院なくすな! 7.20集会

  五輪は中止! 命奪う社会にNO! 主催 都立病院なくすな7.20集会実行委員会


   


 2021年6月30日に、協会けんぽ不当労働行為の命令書が埼玉県労働委員会から届きました。

  私たちは、命令書の交付を前にして、不当労働行為を訴える「ニュースNO.11]を5月31日(月)に埼玉支部へ、6月24日(木)に四谷の本部へ、さらに6月30日(水)に東京支部(中野区)の労働者に向けて配布しました。
  ニュース.11 はこちら 


 2021年6月18日(金)再開された「金曜行動」に参加。
  福島県浪江町津島地区で東電原発事故の国と東電の事故責任を問い、「廃村・棄民を許さない、放射能汚染からの環境回復・損害賠償」を求めて闘う津島被害者原告団と共に闘いました。

  


 2021年6月15日朝、「戦争と改憲絶対反対!NHK労働の会」のニュースNO.12を放送センターの西口の2ヶ所、東側ホール入り口、南側通用口の4ヶ所で配布しました。内容は、「NHK労働者はオリ・パラ翼賛番組に反対しよう」、「再び戦争の時代、五輪を粉砕し、菅政権打倒へ!」です。
 
  


 「オーナー・下請け企業に対する優越的地位の乱用をやめよ!」
 「責任をとらない伊阪氏、永松氏らは総退陣を!」
   2021年5月27日、セブン&アイHD株主総会に向けて、
コンビニ関連ユニオンの仲間が四谷駅と会場前で宣伝活動。

  

 

  


 5月16日 沖縄の本土「復帰」から49年目の「5・15闘争」として、改憲・戦争阻止!大行進三多摩呼びかける横田基地撤去の集会デモに参加しました。

 


 2021年5月16日、阿佐ヶ谷再開発(小学校壊して工事用道路拡張)反対の署名活動

  

 


 2021年5月1日メーデー
  錦糸町駅前のリレートークで、吉本委員長が、鈴コン分会副分会長の65歳での雇止め攻撃等
闘いのアピール

 


  2021年4月28日 鈴木コンクリート工業分会が
   S組合員の65歳での解雇は不当と訴え、浮間舟渡駅前で宣伝活動

  

 

  

  
 


   2021年4月8日 労働委員会で結審

   2021年4月8日、全国健康保険協会の、「無期転換拒否・雇止め」の不当労働行為に対する救済申立が、埼玉県労働委員会で結審しました。
   決定が出るのは7月頃と思われます。
   12日には、「協会けんぽ埼玉支部のみなさんへ NO.10」を、埼玉支部の労働者に向けて配布しました。

  ニュースNO.10はこちら 


   2021年3月5日 星野文昭絵画展 in 高井戸 part7 が始まりました。

  
獄中44年、沖縄を闘い、それ故のえん罪と闘ってきた星野文昭さんは、2019年5月30日、獄中で肝臓がんの手術の失敗で逝去されました。残された水彩画役200点から、今回は沖縄とアジアの子どもたちを描いた作品を中心に展示します。
   特別展示作品として画家の近藤あき子さんが昨年アメリカのBLM運動の発端となった、警官に虐殺されたジョージ・フロイドさんの肖像と、星野 文昭さんの肖像を描いた油絵を特別展示します。

     


   2021年3月4日朝

  全国健康保険協会本部(新宿区四谷1丁目のYOTSUYA TOWERに移転)に対して、労働委員会闘争への支援を訴える「協会けんぽ埼玉支部のみなさんへ NO.9]を配布しました。

  2月中に2回の審問が終了し、雇止め当該労働者をはじめ、闘いぬきました。

  なお、2月18日には、杉並区高井戸の全国年金機構の労働者にも、「NO.9]の配布をしました。

  


  2021年1月7日夕方、

  全国健康保険協会埼玉支部にて、労働委員会闘争への支援を訴える「協会けんぽ埼玉支部のみなさんへ NO.9」を配布しました。
  1月より、埼玉県労働委員会で、組合員を無期転換せず、5年間で雇止めしたのは、不利益取り扱いの不当労働行為として訴えた、審問が始まります。


  

   配布したニュースは、「協会けんぽ埼玉」の頁にあります。


  石川さんの無実が遂に確実になりました。もう誤魔化せません。狭山闘争に勝利しましょう!

  


 全国労働者集会 今年は11月1日開催です。

 


 星野文昭絵画展やります 9月18日(金)~20日(日)

  無念の獄死(国家権力の殺人)から1年余。でも星野文昭さんは生き続けています。
  彼の絵は、「必ず勝てますよ!」と訴えます。また彼の心に触れられます。

  


 「関生支援東京の会」を結成 ストライキうてる労組の復権を
  
ツイッター 「労働組合・東京西部ユニオン」より
  時代が大きく動き、変わろうとしている。医療や社会機能を維持する最前線の労働者、職を失った労働者が全世界でストライキや実力闘争に立ち上がっている。(動労千葉HPより)
  今こそ民営化との闘いを! 労働運動の再生を目指す7・26国鉄集会を開催

  doro-chiba.org/nikkan/%e4%bb%

 


 6・18狭山事件の再審を要求する霞ヶ関デモ 

  東京西部労働組合交流センターも、全国水平同盟のリーダー、同杉並支部の仲間や動労千葉と共に デモの先頭に立ちました。
   (労働組合・東京西部ユニオンTwitter より)

  同日午前中の東京高等裁判所への要請行動で、後藤眞理子裁判長宛に提出した
  西部労組交流センターの
「要請書」はこちら 


 


 東京高裁の後藤裁判長が、狭山第3次再審請求に再審開始決定をしないまま退官期日が迫っている。
 再審棄却を決定して退官する可能性もある。全国水平同盟杉並支部と西部労組交流センターは直ちに再審開始を決定することを求めて、6月13日阿佐ヶ谷駅前街頭宣伝を行いました。

 

 北島邦彦さんのツイッター(@kjmiraigoahead)May 23 より
 狭山事件で石川一雄さんが部落差別によって不当逮捕されてから57年になる今日、阿佐ヶ谷駅前で全国水平同盟杉並支部の仲間と一緒に街宣を行ないました。都内4ヵ所での一斉行動の一環です。

  


  

  


  

   


 新型コロナウィルス感染症  補償なき「緊急事態宣言」反対!  賃金・生活を今すぐ補償しろ

   

        東京西部地域の方は、東京西部ユニオンをご利用ください
       〒167-0032 杉並区天沼2-3-7さかいビル2-A
 電話 :03-3220-7473 


 「関生支援東京の会」を結成 ストライキうてる労組の復権を
   
 ツイッター 「労働組合・東京西部ユニオン」より

 「空前の労働組合弾圧をうち破ろう!」-3月15日、「関西生コン労働組合の弾圧を許さない東京の会」結成集会

 共同代表の金元重さん開会挨拶「東京の地で労働組合が主体の関生支援の波をつくりたい」。関生支部の仲間が「労働者の要求をストライキで実現しよう。現場から行動に。これが関生への最大の支援」と。

 熊沢誠さん40分ビデオ講演。なぜ関生支部が狙われたか、労働者にとって真の民主主義とは、この危機に「護憲派」はあまりにも鈍感、と弾圧の本質を解明。改憲阻止の為にも弾圧粉砕が喫緊の課題と強調。

 共同代表の木下武男さん、関生型労働運動を全国にと熊沢講演を解説、共同代表の藤田正人弁護士、「棘」の杉浦監督、評伝「棘男」著者平林猛さん、動労千葉、医療福祉労働者が発言。鈴コン分会の吉本書記長は、関生支部のような闘う労働組合をつくることを訴え。共同代表の花輪さんの音頭で締めくくった。

  

 


 3月9日、杉並区の施設使用禁止に抗議する杉並区に申し入れを行いました。

 星野さんを取り戻そう!杉並・高井戸の会と「星野文昭絵画展in高井戸」実行委員会は、当日、区役所前で街頭宣伝と座り込みで、田中区長の暴挙に抗議しました。
  (注:山田区長は間違いで、田中区長と訂正しました)
 
    

 

 


  組合員からのアピールを掲載します

 


  



  


  

    コロナウィルス関連の労働相談について 

  

  


  


  


  星野文昭絵画展と星野暁子さん講演会は杉並区が「新型コロナに名をかりた区公共施設の全面休止」により中止となりました。
   中止については、3月9日に、主催者が区長室に抗議を申し入れました。

  


 「2・16国鉄集会」 国鉄分割・民営化による不当解雇から33年
 
  2020年2月16日、同集会が 「関西生コン労組を守れ!支援の輪を全国に!JRの外注化・分社化-転籍攻撃をうち破れ!」をスローガンに、葛西区民館で開催されました。
  
 集会では、関西生コン労組を支援する運動の訴えで、ドキュメンタリー「棘」の杉浦弘子監督、平林猛プロデューサーと並んで、
「関西生コン労働組合の弾圧を許さない東京の会」共同代表の花輪不二男さん(世田谷地区労顧問)と吉本伸幸鈴コン分会書記長も登壇しました。

 
  


 2020年2月9日 セシオン杉並で「棘」上映会&トークの集会が開催されました
 
   

 上映後に、労働社会学者の木下武男さん(元昭和女子大学教授)と吉本伸幸東京西部ユニオン鈴木コンクリート工業分会書記長のお二人により、関西生コン労組の闘いと、権力の弾圧、同労組支援の運動について、熱いトークが展開されました。
 木下教授はまとめで、「今度(関西生コン支援)東京の会作りますので、私も中心になってやりたいと思いますし、出来れば全国規模の、日比谷野外音楽堂をいっぱいにするような、そういった、東海の会、静岡の会、大阪と一緒に連合しながら、東京のど真ん中で、こういった弾圧反対の集会をやりたいなと思っていますので、今後ともよろしくお願いいたします。」と挨拶されました。


  2020年 ドキュメンタリー「棘」上映会のNHK労働者へのアピール(2月9日 セシオン杉並)

 


 2020年2月 ドキュメンタリー「棘」上映会の宣伝(2月9日 セシオン杉並にて)

  

    2月2日(土) 地下鉄南高円寺駅前         2月4日(火) NHK放送センター西口
   


 


 2020年今年もよろしくお願い申し上げます。
   

 


 2019年12月14日 三里塚現地闘争&団結いも煮会

  

   


     


  12月4日、「協会けんぽ埼玉のみなさんへNO.6」を東京支部(中野区)のみなさんに向け配布しました。
  12月6日、同NO.6を埼玉支部(大宮)のみなさんに向け配布しました。

  「NO.6」はこちら 

 


 東京西部ユニオン鈴木コンクリート工業分会


  “非正規雇用の契約社員に60歳定年制を導入し、賃下げするのは違法だ"と
  2019年11月1日、東京地裁に裁判を起こしました。


 2019年11月13日、協会けんぽ埼玉での組合員の雇止めについて、全国健康保険協会を被申立人として、埼玉県労働委員会に不当労働行為救済申立を行いました。
  協会けんぽ埼玉を被申立人としたいことろでしたが、事業所の登記がされていないので、本部である全国健康保険協会の理事長を相手に申立ることになりました。


  


  


 2019年11月3日 全国労働組合総決起集会・戦争・改憲阻止100万人行進

 

  

  


 NHK労働者ニュース NO.10 放送センターにビラ入れしました
  (2019年11月1日)  
 


     


 11月全国労働者総決起集会


 


  


   


 追悼 星野文昭絵画展

   9月14日(土)~16日(月)
   中野ZERO本館 地下2階展示ギャラリー

 沖縄闘争をたたかい、無実で獄中44年

  星野文昭さんは、不当逮捕から44年、一貫して獄中から無実を訴え続けてきました。
  本年5月30日、非常に重いガンであるにも関わらず医療を放置した徳島刑務所によって、細野さんの命が奪われました。
  星野さんは、無実です。星野さんを死に追いやった責任の追及と、えん罪を晴らす闘いが、これから新しく始まります。   


 9月13日、「協会けんぽ埼玉のみなさんへNO5」を東京支部(中野区)従業員に向け配布しました。
 多くの方に受け取っていただき感謝します。協会けんぽによる保険給付等補助員の5年で雇止めに怒る
方は全国に必ずいるはずです。共に声をあげましょう。


 


 協会けんぽ埼玉支部による保険給付等相談員に対する5年で雇止め(無期転換拒否)に抗議、
 埼玉支部(大宮)で、抗議ビラNO.5を配布しました(2019年9月11日)。

  タイトルは「許さない! 雇止め強行~団交拒否」
   「8月3日解雇(無期転換拒否)&4度の団交拒否!」

 

 詳細は 

 ツイッターは 東京西部ユニオン@LeL9CEyBfsIUvcM  


 協会けんぽ埼玉支部による保険給付等相談員に対する5年で雇止め(無期転換拒否)に抗議、
 埼玉支部(大宮)で、抗議ビラを配布しました(2019年7月30日)。

  


  


 鈴木コンクリート工業分会闘争支援・連帯共闘会議総会が大盛況でした
  (2019年7月15日 大久保地区センターにて)

 

 共闘会議呼びかけ人代表の花輪不二男さんの挨拶

 組合員6名いたうちの、2名はもう亡くなられた、他界されたというふうになって、実際上職場の闘いを維持して、前進するためにはですね、もう一回組織の立て直しをして、それで闘うための、職場の支配権をですね、やはり、まあ支配というのは聴きようによって誤解があるかもしれませんけども、職場の問題を握り、人心を握る、こういうことでですね、職場に組合有りという、そういう状態を作っていくことが闘いを前進させる一番基礎的な問題であります。
 関西生コンの弾圧、この今鈴コンは関東生コンを目指している訳なんで、その生コンの業界のですね、保守的な体質を打ち破るためにはですね、鈴コンのような組合がさらに大きく育ち、そして共闘会議のメンバーに仲間を結集する必要がある。で、このことがまだ果たされていません。第2段階、第3段階ということで、非常に重要な時期にあると。それから連帯をする関西生コンの今の弾圧。これを我々が関東に居てですね、眺めるというだけではダメだ。やはり我々の組織を作る、その苦労と、今闘っている関西の闘い、これが連帯してこそ全体的な生コンの業界への圧力になる。

 

 国鉄千葉動力車労働組合の田中委員長の連帯の挨拶

 私は鈴コン分会の力というのは、まだまだこれから本当の意味で発揮される、そういう力なんだろうと思います。私が鈴コン分会の闘争の中で一番感動して、今でもこの力を本当に今の日本の全体に広めたいと思っていることは、鈴コン分会を立ち上げて、激しい切り崩しがあって、一つ間違えれば全部潰されて終わってもおかしくない状況の中で、残った仲間だということ。ここがね、今の労働運動に一番必要な力なんだというふうに思っております。
  今この状況のなかで立ち上がれば、必ずどんなことがあっても誤魔化しがきかないですね。反動が一旦押し寄せる、これに勝って残って、本物になる、こういうプロセスが必ず経なければいけないんだろうと思うんです。で、生き残って、そこから次が今問われてますね。だから山椒は小粒でもビリリと辛いわけですけども、その実がね、今度はたわわに実らないといけないわけであって、そうした闘いを共に一緒に闘っていきたいと思っています。
 特に、私としてはですね、今年の11月集会に向かう過程で、国鉄闘争もうそうですし、今一生懸命広島で闘っている教職員100人声明の闘いもそうですし、鈴コンの闘いもそうですし、関西生コン支部の弾圧粉砕の闘いもそうですし、こうした全部の力を結集して、次に一歩を踏み出せるね、きっかけを絶対につかみ取りたい、この11月集会までの課程でこれをやりたいと思って、そうすればね、必ずそれは本当に大きく広く深く繋がっていく、そういう力になる、そんな思いでいます。

  

    


  

  


 協会けんぽ埼玉の無期転換拒否との争いを中心テーマに、ツイッターを始めています。

  東京西部ユニオンのツイッター
  


 NHK労働者ニュースNO.9をNHK放送センターで配布しました。


 1面、「安倍・天皇放送局となったNHK 現場の団結と闘いでひっくり返そう!」

   4月1日元号番組一色に! 安倍首相に「服従」するNHK
   「令和」とは、安倍と天皇に「和して従え」
   労働組合の屈服を狙った5月1日「新天皇即位式」

 2面、「5月1日メーデーを貫いた誇り高い労働組合」

   メーデーを全て無かったことにした、NHKの5月1日
   過労死をなくし、改憲阻止へ、NHK労働者は踏み出そう
   全学連から若い区議会議員が誕生、さあもう一歩先へ!

    


 全国健康保険協会 埼玉支部の「無期転換拒否」の脱法行為は許されない!

  全国兼保険協会埼玉支部は、契約社員の「健康保険給付等補助員」に対し、勤続5年で雇止めしようとしています。
  東京西部ユニオンは、これまで埼玉支部に抗議のビラ配布NO.1を1月23日に行い、今回抗議ビラNO.2を作りました。

  NO.2のビラは、2019年5月28日朝に、日本年金機構(本部)に配布しました。
  また、同28日(火)夕方の退勤時に、協会けんぽ埼玉支部へビラ配布を行いました。

  詳細は 

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  「協会けんぽ埼玉のみなさんへ(NO.2)」(全国配布版)

   


 杉並区議会議員選挙のほらぐちともこ候補が、本日開票(4月22日)で3275票、18位で当選しました。

 みなさまの熱いご支援に感謝致します。


  杉並区議選はこちらへ 

  
一般合同労働組合東京西部ユニオン

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ZNNより https://www.youtube.com/watch?v=VUTtwlm1yqs

   


  メーデーに行こう

   

  
 


  星野文昭さんの仮釈放不許可決定弾劾!
 方南町「星野絵画展」の成功をかち取り、星野奪還へ進撃しよう!


  昨日、星野暁子さんの面会で、更生保護委員会が星野文昭さんの仮釈放を許可しなかったことが分かりました。3月25日に不許可を決めて、4月1日に星野さん本人に伝えたとのことです。
  3月29日、糸数慶子参議院議員の要望書を持った政策担当の坂本さんからなにくわぬ顔で受け取りながら、その時は不許可を決めていたのです。
  卑劣にも、この決定を行った井坂巧委員長は、4月1日付で退職しました。私たちは、国家権力の意思を体現した仮釈放不許可を満身の怒りで弾劾します。
  私たちは、星野文昭さんをとり戻すまで、さらに闘いを強化し、運動の輪を拡大していきます。
  方南町「星野絵画展」は、3・25仮釈放不許可決定を受けての最初の「絵画展」となります。絶対に成功をかち取りたいと思います。
  洞口さんの区議選必勝の闘いとしても、方南町を拠点化することは決定的です。
  闘う皆さんの力で、反動を吹き飛ばし、星野奪還、安倍打倒へ進撃していきましょう。
  以下、なにとぞご協力をお願いいたします。
  (以下について略)
             方南町「星野絵画展」実行委員会(2019年)

    


 団結して春闘勝利! 仲間の皆さんへよびかけます

     一般合同労働組合東京西部ユニオン
           執行委員長:吉本伸幸
   杉並区天沼2-3-7さかいビル2A : TEL3220ーフ473、


 ストライキの時代-労働者の闘いの時代に入った!
 3.29春闘集会へ! 関西生コン支部弾圧許さない!
 4月杉並区議選は「ほらぐち ともこ」さんを推薦します!


●「動き方改革」も「アべノミクス」も土台が大うそ! ストで闘う労組と団結を!
 毎月勤労統計も実質賃金も国家ぐるみで偽装してきた安倍政権。
 「賃上げ」はごく一部、大半の職場が外注化や非正規雇用で分断し、生きていけません。
 もう許せません。私たちは、こんな現実=「新自由主義」の出発点・国鉄分割民営化に今も徹底的に対決し続けてストライキで闘う動労千葉(JRの労働組合)、関西生コン支部と団結し、韓国・民主労総とも連帯してきました。
 私たち東京西部ユニオン鈴コン分会では、非正規3ヶ月雇用のミキサー運転手がストをやって首を切られても、裁判と職場闘争で、解雇を撤回させて職場復帰して元気に働いています。
 渋谷のアパレル会社の組合でも解雇を撤回させました。闘えば勝てます!

● 23区特区連・清掃労組に続き、沖縄・全国で港湾労組がストに立ち上がっています!
 沖縄や福島、築地-豊洲、阿佐谷再開発のように、資本はもうけのために社会を破壊し、命を奪う戦争や核・原発、環境破壊、それを居直るための憲法改悪を狙っています。
 改憲の狙いは戦争国家です。その核心は、自衛隊募集問題で明らかなように自治体はじめ教育、医療、交通など労働者の戦争強力の強制と労働組合の破壊です。
 今全国で始まっているストライキは改憲と対決し、安借を倒すたたかいに発展するとても大事な動きです。
● 関西生コン支部は中小企業もまきこんで、ゼネコンや大手資本とストライキで闘ってきた労働組合です。昨年夏から60人もの組合員らが、一昨年のストやオルグを「威力業務妨害」等とでっち上げて逮捕され、現在も委員長はじめ何人も長期勾留され続けています。反撃しましよう!
● 「ほらぐちともこ」さん(30才、法大全学連出身。前進チャンネルメインキャスター)が、4月の杉並区議会議員選に立候補します。
 改憲・戦争阻止!大行進運動が動労千葉や関西生コン支部の呼びかけに地域から応え、唯一、メーデーつぶしの天皇儀式や「復興五輪」に反対し、労働者の権利守り、青年・女性が声をあげようと訴えるほらぐろさんを杉並区議会へ!
● 沖縄闘争を闘い、無実で獄中44年の星野文昭さんをとりもどす運動-絵画展にご協力を!
 ★私たちは、以下の行動を、全国の仲間と連帯して闘います。賛同と参加をお願いします。

 ■3月29日(金)関西地区生コン支部への弾圧許に反撃を! 3・29春闘集会
   西荻地域区民センター・杉並勤労福祉会館ホール(西荻・18:30開会)
 ■星野文昭絵画展 3/19~3/31西荻  3/29~30井草地域区民センター  4/7~8方南区民集会所  4/11~14阿佐ヶ谷地域区民センター
 ■4月14日(曰)杉並区議会議員選告示(4・21投票) 4・15~4・20期日前投票
以上


  


 戦争と民営化絶対反対!NHK労働者の会 NO.8より

  改憲・戦争阻止へNHKと関連労働者は闘おう!
   安倍が自民党大会で改憲運動方針を決定
   韓国の天皇謝罪要求は正当そのもの
   ストライキで闘う港湾労働者に続こう
   戦争・改憲に対し、広島教職員100名声明

     
     (24時間ストに立った沖縄地区港湾労組
     (沖縄タイムスプラスより))

     
     (勝利したUTLA(ロスアンゼルス統一労組)のストライキ)

  現場の団結で、過労死のない労働条件を!
   佐戸記者の母、恵美子さんの訴え
   NHK労働者の誇りを損なう組織改編はするな
   大本営放送は2度と復活させない

     
     (2017年11月20日放映されたNHK総合
     「プロフェッショナル仕事の流儀
      働く人の命を奪う過労死 闘い続ける弁護士」
      中の佐戸記者)

     
     (2018年11月4日、日比谷野音で開催された
      全国労働組合総決起集会で
      「働き方改革法強行採決」を弾劾し訴える
      佐戸恵美子さん)
  


 「改憲・戦争阻止!大行進」運動は2年目を迎えます。
 安倍首相は念頭記者会見で、「国会で活発な憲法改正案を示して、国民的な議論や理解を深める」と述べ、1月6日のNHKのインタビューでは「2020年新憲法施行の気持ちは全く変わりはない」と明言しました。統計偽造問題等々で追い詰められていますが、改憲絶対阻止を貫きましょう。


 洞口朋子(ほらぐちともこ)さんのあいさつ

 皆さんこんばんわ。私は洞口ともこと申します。
 今日は3月1日、ビキニデーです。今杉並から、原水爆禁止運動が、この時代始まりました。
 安倍政権は、今度の統一地方選を改憲をテーマに進めようとしています。安倍政権の改憲を止めるために私は4月21日の杉並区議会議員選挙に立候補します。
 改憲、戦争を止めるために共に杉並から、労働者学生、住民の力強い運動を作り出す決意です。
 昨年3月に発足した、改憲・戦争阻止大行進は、各地で労働組合が中心になって、これまで全国34カ所の地域で実行委員会を立ち上げてきました。
 職場、大学、地域から改憲や戦争を止める力を作り出していく、それが大行進運動です。 沖縄の怒りと連帯して闘いましょう。これからも、改憲阻止・大行進運動をよろしくお願いいたします。

***************

 高山弁護士の講演


 ある日突然、戦争が廊下の奥に立っている

 高山俊吉です。よろしくお願いします。
 講演というよりは、25分間ですが、皆さんと一緒に考える、そういう時間にしたいと思います。25分で十分です。10分の2倍半、頑張ります。
 戦争が迫っている、戦争が迫っている。そのことを私たちは強調しなければいけない。辺野古を見て、そして日本の司法のあり方の現実を見て、そしてそこの中から戦争が接近しているということを、私たちは絶対に見て言わなければいけない。何故そういうことを敢えて言うのか、ということをまず押さえておきたいと思いますね。まずそこがポイント。
 戦争は隠されているんですよ。渡辺白泉の川柳じゃないけれど、あるとき突然廊下の奥に戦争が来ているという。しかし私たちは廊下の奥に戦争が立つぞということを絶対に今度、赤裸々に暴露して、警戒を皆に呼びかけるということが必要だ。
 そしてその悲惨な経験を私たちはさせられた結果として、それは今やろうという、そういう気持ちになろう。こういう今日のこういうような集まりが、あの戦争の前には無かったということなんだ。
 今私たちはその地平に立っている、新しいその地平に立っている。そして敵は実に今、弱きな故に、弱さの故に我々に攻撃をかけてきているということが、今の話の中(注:藤本氏講演)にもあった。私はその通りだと思っている。
 戦争は隠されている、見抜き、ひっべがし、そして皆にそのことを伝えていく、そのことが我々には可能である。このことを今日は皆さんと確認したいと思います。

 続く  

   


 高井戸で星野文昭・暁子 絵と詩展 (2019年3月8日~10日)

  

   


 11月全国労働者総決起集会 

  11月4日、全国労働者総決起集会/改憲阻止!1万人大行進が日比谷野音で4800人が集まり開催されました。

 

 動労千葉からの報告 労働運動の力を取り戻そう

 第4次安倍政権の正体は極右の国家主義者です。再び戦争をやり、労働者民衆に生きられない現実を強制し、悪徳の資本家だけを生き延びさせようとしています。安倍は、自民党の総務会や衆議院の憲法審査会の理事も総取っ替えして改憲に向かおうとしています。
 憲法改悪とは、労働者の権利も人権もすべてをブルドーザーでつぶして、国のあり方を根本から変え、戦争ができる国にするクーデターです。私たちの先輩は戦後73年間、改憲と戦争だけは二度と許してはならないことを労働運動の原点にしてきました。
 この1年、改憲・戦争阻止!大行進運動が二十数カ所で立ち上げられました。この運動の核心は闘う労働組合の力をよみがえらせることです。なぜならば、安倍政権は戦争をするために労働者の団結をばらばらに解体しようとしているからです。ですから、私たちは労働者の権利を守る運動のすべての土台に改憲と戦争に反対する闘いを据えて闘おうと訴えてきました。
 労働運動再生の努力は三つの方向性でなさなければならないと思います。一つは、改憲・戦争に反対するために、命をかけ、人生をかけた真剣さで声をあげることです。もう一つは、非正規とか、過労死とか、自らが置かれた現実に対して「労働者を軽々しく扱うな!」の声を職場から徹底的にあげることです。三つ目は、新自由主義がもたらしたこの社会の崩壊に対して具体的な闘いをやる、ということです。この三つの方向を見いだした時に、労働運動は力を取り戻し、社会は変わります。
 当面、臨時国会での改憲発議と国民投票法改悪を許さないために力を結集しましょう。そして、来年春までの半年間で、真に力をもった無数の大行進運動の組織を全国の職場・地域に立ち上げましょう。闘う労働運動を僕らの手に取り戻し、社会を変えましょう。

・・・・・・・・

 2018年11月労働者総決起集会で、東京西部ユニオン委員長が
  「関西地区生コン支部への弾圧を許さない」集会決議を提起しました

 

 集会決議 関西地区生コン支部への弾圧を許さない

 関西地区生コン支部への大弾圧が行われている。滋賀県警は7月18日以降、武建一委員長をはじめ組合員4名、協同組合事業者6名を不当逮捕した。さらに、大阪府警が9月18日に副委員長ら16名を不当逮捕し、10月9日にはそのうち5名を再逮捕、新たに3名の組合員を不当逮捕した。その内実は、まったく正当な労働組合活動や中小企業団体の営業活動を「威力業務妨害、恐喝未遂」とでっち上げたものだ。3カ月間に29名逮捕という常軌を逸した大弾圧を、怒りを込めて弾劾する。
 関西地区生コン支部は、その強力な団結を武器に、中小企業である生コン業者を協同組合に組織してゼネコンやセメントメーカーが支配する産業構造に立ち向かうという画期的な産業別労働運動をつくりあげてきた。昨年12月には労使で約束されていた輸送運賃引き上げの実施などを求めて輸送ゼネストを闘い、大阪兵庫生コン経営者会、滋賀、京都、奈良などで運賃引き上げの回答をかちとった。資本と国家権力は、画期的な闘いを進める関西地区生コン支部を破壊するために、弾圧強行に及んだのである。団結権やストライキ権という労働運動の根幹を、「威力業務妨害、恐喝未遂」と言いなして否定する攻撃を許すことは絶対にできない。
 この弾圧は、「2020年新憲法施行」を掲げ、闘う労働運動の根絶と連合の産業報国会化を策す安倍政権の政治的意図に貫かれたものだ。共謀罪による戦時型弾圧を先取りする、改憲情勢における労働運動解体の攻撃だ。これを許して労働運動の未来はない。労働者の権利と生活を守ることはできない。労働組合が解体されたとき、戦争は現実のものとなった。その歴史を繰り返してはならない。
 すべての労働者、労働組合は、この弾圧を自らのものとして反撃にたとう。関西地区生コン支部とともに労働運動解体攻撃を打ち破ろう。
2018年11月4日
             11・4全国労働者総決起集会参加者一同

・・・・・・・・・
 集会アピール 「改憲・戦争阻止!大行進運動尾発展を」
  全国金属機械労働組合港合同が提案しました

 第一に、今秋臨時国会、来年の通常国会における国民投票法の改悪、改憲発議を許さぬために全国各地で闘いを強化しよう。憲法審査会への改憲案の提出、沖縄・辺野古への土砂投入など、具体的な動きがあった場合は緊急行動を呼びかけます。
 第二に、この闘いは組織化の第2段階に入ります。私たちは、改憲・戦争阻止!大行進を呼びかけるにあたって次の原則を立てました。
 ①「野党共闘」などに依拠するのではなく、私たちの闘いの中に戦争を止める力があるいう立場で運動の変革をめざす
 ②その主体的な力を引き戻すために自らが人生をかける真剣さで訴えると共に職場・労働組合、運動体、地域の中で自由闊達(かったつ)な議論をつくる
 ③新しい仲間を加え、新たな可能性を運動にとりこむ努力から出発する
 ④この闘いが支配権力との激しい衝突となることを自覚した原則性と大衆性を運動の生命線とする
 当面する目標は来春通常国会の過程までの約半年です。全国の職場・地域に無数の大行進運動を組織しよう。青年が先頭に立つ運動体にしよう。
 第三に、この闘いが全体を獲得する力を持つために、改憲に向けた労働運動解体攻撃の矢面に立つJR・日教組・自治労で労働運動の前進をめざす新たな闘いの旗を立てよう。関西地区生コン支部への弾圧、JRで吹き荒れる労組攻撃を打ち破ろう。全国で関生弾圧弾劾の決議を上げよう。改憲・戦争と、新自由主義がもたらした労働者の現実と社会の崩壊に立ち向かおう。
 第四に、労働者の国際連帯を発展させよう。人類の生存を脅かす危機から世界を守る力は労働者階級の国際連帯から生まれます。ロウソク革命を闘った韓国・民主労総に続こう。
 本日を出発点に、安倍政権を打倒する新たな闘いに立ち上がろう!
 2018年11月4日


 改憲を止める波をここから! 改憲・戦争阻止大行進 東京西部の結成集会の写真

  
2018年10月20日

  

  

 

  ・・・・・・・・・・・

 「ズバリ、安倍の改憲とは何か」 憲法と人権の日弁連をめざす会会長 高山俊吉弁護士の講演抄録

1 今改憲の臨戦態勢に入っている(注:以下敬称略)
 「スバリ安倍の改憲とは何か」、改憲は正に戦争の準備である。しかもそれが喫緊の具体的な当面の戦争の準備である。そして今改憲の臨戦態勢に入っている。

2 法案の数を限り、改憲案に集中する
  臨時国会は10月24日から12月10日までの48日間しかない。
  提出されている法案は、18年度の補正予算案と、出入国管理法の改正案など、全部で13本しかない。他の法律案の準備を止めている。これ自体が、緊急事態である。そして11月上旬までには、この補正予算を成立させると言っている。あとやることは改憲の審議に入ること。全48日間の勝負となる。

3 自民党総務会も憲法推進本部もすっ飛ばし、発議すると決定
  10月18日、自民党の憲法改正推進本部の文科省で安倍の側近、下村博文が、自民党の推進本部の幹部会合を開いて、「衆参両院の憲法審査会に、党の総務会と憲法改正推進本部をすっ飛ばした形で、憲法9条の自衛隊明記案を出す」と言った。
  基本的に国会に係る法案は全部総務会を通しているが、それをすっ飛ばすという。さらに推進本部の全体会合さえもすっ飛ばし、幹部会の承認ですますということ。それでも文句が言えないように、自民党の議員体制をこの間作り出した。


  
抄録文全体はこちら